Adobe releases survey results on the environment for creatives [CLONE]

2023/03/13
by ADF Admin
adf-web-magazine-business.jpeg

副業でクリエイターをする女性の受注獲得の決め手は「ソーシャル上での繋がり」

アドビが女性クリエイターの環境に関する実態調査の結果を発表しました。今回の調査を通して、女性クリエイターの勤務形態などの概要や苦悩、また副業として「クリエイター」という職業を選択した方々の実態が明らかとなりました。アドビでは“Creativity for All: すべての人に『つくる力』を”の理念のもと、これまでも誰しもが創造性を発揮できるクリエイティブツールやサービスを提供してきました。結果を受けてアドビでは、これまで以上にコミュニティ活動に力を入れていき、よりクリエイター同士やクリエイターとクライアントがデジタル上で繋がり、さらに大きな価値創造ができるように、支援していくことが重要であると考えています。

クリエイティブを仕事にする良さとして感じることの1位は「年齢を問わず活動できる」
男性よりも「好きなものを作り続けたい」女性クリエイターが多い傾向も明らかに

クリエイターに「クリエイティブを仕事にする良さ」について尋ねたところ、約7割が「年齢を問わず活動できる」ことと回答しており、加齢や生活環境の変化があれども、クリエイティビティに限界はないと感じている方が多いという結果が見られました。adf-art-design-survey-results-environment-for-creatives-1.jpg?1678677967616
 
続いて、「クリエイティブの仕事を通じてどのようになりたいか」を尋ねると、「好きなものを作り続けたい」が女性:23.5%で最も高く数字が出ました。男性クリエイターと比較しても、女性クリエイターのほうが「好き」を仕事のモチベーションとしている傾向がみられました。adf-art-design-survey-results-environment-for-creatives-6.jpg?1678678011649

副業クリエイターの受注獲得経路1位は「SNS」という結果に
女性副業クリエイターの年収は「10万円以下」が最も多い

副業としてクリエイティブ活動で収入を得ている方の収入の実態は、どうなっているのでしょうか。調査結果は以下のとおりで、女性の場合年収は「10万円以下(36.0%)」が最も多い結果となりました。adf-art-design-survey-results-environment-for-creatives-2.jpg?1678678050877
 
また、女性副業クリエイターの直近1年間のクリエイティブに関する仕事の依頼経路について尋ねたところ、「SNS」が32.3%で1位という結果になりました。副業としてクリエイティブ活動をするにあたり、SNSでの発信や営業目的での活用が非常に重要で、“ソーシャル上での繋がり”がクリエイターとしての働き方を後押ししている傾向が見て取れました。adf-art-design-survey-results-environment-for-creatives-3.jpg?1678678097218

女性クリエイターの困りごと・悩みの1位は「収入」という結果に
一方で副業として取り組んでいる女性からすると、“自分らしい働き方”を選択できる
“柔軟性”が魅力であるという傾向も

つづいて女性クリエイターの困りごと・悩みに焦点を当てると、約3割の女性クリエイターが「収入が上がらない」ことと回答しました。

adf-art-design-survey-results-environment-for-creatives-4.jpg?1678678167295一方で、副業クリエイターの女性の稼働日数に着目をすると、月平均週4日未満でクリエイティブ活動をしている女性は約7割と、女性の副業クリエイターの多くがスポットとしてクリエイティブ活動に励んでいることがわかりました。女性クリエイターの多くが収入面での悩みを抱えているものの、一部の女性クリエイターたちは限られた時間内で活動をし、収入を得る「自分らしい働き方」を実践していることもわかりました。adf-art-design-survey-results-environment-for-creatives-5.jpg?1678678200451

アドビ

アドビは、 「世界を動かすデジタル体験を」をミッションとして、3つのクラウドソリューションで優れた顧客体験を提供できるよう企業・個人のお客様を支援しています。Creative Cloudは、写真、デザイン 、ビデオ、 web、 UXなどのための20以上のデスクトップアプリやモバイルアプリ、 サービスを提供しています。Document Cloudでは、 デジタル文書の作成、 編集、 共有、 スキャン、 署名が簡単にでき、 デバイスに関わらず文書のやり取りと共同作業が安全に行えます。Experience Cloudは、 コンテンツ管理、 パーソナライゼーション、 データ分析、 コマースに対し、 顧客ロイヤルティおよび企業の長期的な成功を推進する優れた顧客体験の提供を支援しています。 これら製品、 サービスの多くで、 アドビの人工知能(AI)と機械学習のプラットフォームであるAdobe Senseiを活用しています。アドビは米Adobe Inc.の日本法人で、日本市場においては人々の創造性を解放するデジタルトランスフォーメーションを推進するため、「心、おどる、デジタル」というビジョンのもと、心にひびく、社会がつながる、幸せなデジタル社会の実現を目指します。

「女性クリエイターの実態調査」概要

サンプル数800名(性年代別で各100名を均等回収)
調査対象クリエイティブ活動で収入を得ている全国20歳~49歳の男女
調査手法インターネット調査
調査期間2023年2月13日から2月15日まで
調査主体アドビ
調査実施機関ディーアンドエム